木鉢(きばち) - 2006年11月12日

▼準備
そば粉8割、中力粉2割を篩の中にいれる。
粉を篩い(ふるい)にかける。
粉を満遍なくかきまぜます。かき混ぜたら粉を土手のようにする。真中をあけて、まわりに粉を集める。
▼水回し
1回目の加水。土手の真中に水全体の9割程度を一気にいれる。
この程度水を残す。
まわりの粉を真中に集める。両手で粉をすくい上げ水の上に粉をかぶせるように。
粉をかき混ぜる。左右に大きくかき混ぜ、水をなじませる。
粉っぽいところがないように。
さらに両手で粉をすくい上げるようにして上下の粉を混ぜ合わせる。
両手を鉢の奥にいれ、手前に粉をもってくるように。
両手で粉をすくい上げるようにして上下の粉を混ぜ合わせる。
加水されて水分の多いところと、粉っぽいところをすばやく混ぜる。
2回目の加水。残った水をすべて入れる。
同じ要領で粉を混ぜ合わせる。
徐々に粉同士がくっつきだす。
このくらい団子ができるまで、粉をまわす。
団子を両手でつかむようにまとめていく。
大きなかたまりができたら両手で鉢に押しつけるようにしてこねる。
徐々にかたまりがつやっぽくなる。
▼菊練り
菊練りにはいる。左手でかたまり(玉)を立てる。右手の手の平の下の部分を玉の右上にあてる。 (写真は逆、左利きなもんで・・・)
右上の部分を玉を倒しながら折り込む。
こんな感じで・・・
そのまま鉢に押しつけるようにして中に折り込む。
同じ手順を繰り返し、玉がつやつやになるまで行う。繰り返していくと、菊の模様になる。
▼へそ出し
へそ出しを行う。両手で菊の部分をしぼる。
鉢の中を転がし、菊の部分を絞り込む。
円錐形になるまで行う。
円錐の先を鉢に置き、そのまま押しつぶす。
玉を押し、平らにする。
これで木鉢終了。

手打ちそば「はるな家」 営業時間

営業時間と場所

  • (昼の部)11:00~15:00
  • (夜の部)17:00~19:00
  • ※金、土曜日は20:00まで

定休日

  • 毎週火曜日

住所と電話番号

  • 北海道稚内市末広3丁目2-24
  • TEL・FAX 0162-24-5882
  • ※テンフォーさんの横です
※昼の混雑時はテンフォーさんに車を止めてください!!
手打ちそば